「覚醒剤を止める方法」木佐貫真照

   シャブを長年射ち続けると確実に薬物依存症になる。
   いかにシャブを止めるかは深刻な問題だ。
   精神病院やその他の施設でリハビリを重ねても、
   そう簡単に止める事が出来ない!
   私がいかに覚醒剤から縁を切ったか?
   それは何も特別な難しい事をしたのではありません。

    1.シャブの売人やシャブに関係する人達と
      すべて縁を切った。

    2・別な楽しみ(私の場合は酒を呑んだ)や人生に
      目標を持って邁進する。

    3.薬を止めた人の助言を素直に聞くこと

   この3つを守ることでシャブは断つことが出来る筈だ。
   私には「ダルマ塾」を設立して
   依存者の支援をするのが目標だが、この「ダルマ塾」は
   シャブを射ちたいと思っている
   者をどうにかすることは正直できない。
   何故なら討ちたい者は、親兄弟がいくら説得しようが
   聞く耳をもたず、話を聞かすのは無理な事。
   あくまでも、どうしてもシャブを止めたい、
   でも中々一人ではやめられないと苦しんでいる人たちを
   支援する団体なのです。
   覚醒剤を止めたい人、そう真剣に考えている人の
   力になりたいと思っています。

   





 ■代表挨拶

 ■事業内容

 ■活動理念

 ■会員募集

 ■木佐貫真照


 プライバシーポリシー
/個人情報保護方針






支援のお願い

日本達磨塾では、悩みを抱える方からの
相談料は頂いておりません。
ですので団体として存続が厳しい状況です。
ひとりでも多くの方に
私達の活動に賛同をしていただき、
ご支援いただければ幸いです。

●ゆうちょ銀行 14020 44907361
日本達磨塾 ニホンダルマジュク



◆ATMやネット銀行からお振込みの場合

銀行名 ゆうちょ銀行
店番 408
預金種目 普通
店名 四〇八 店(ヨンゼロハチ店)
口座番号 4490736

日本達磨塾 ニホンダルマジュク



 「善意のご寄付」

 日本達磨塾の口座に2020年12月4日、
 Y工業様から5万円のお振り込みがありました。
 善意のご寄付に心より感謝を申し上げます。

 日本達磨塾のグッズ類お買い上げ粗利が、
 2020年4月から11月までで14,207円でした。
 善意のご寄付として納金させていただきました。

 日本達磨塾宛に、福島県郡山市の消印
 (2020年5月28日消印)の方から
 1万円入りの封筒が届きました。
 お手紙もお名前もありませんのですが、
 ご寄付として受け取らせて頂きました。

 日本達磨塾は、会費と寄付とボランティア活動
 などにより運営されています。
 あなたさまの善意のご寄付に
 心より感謝を申し上げます。
 私達も皆様のご期待に添えるよう
 精進して参りますので、
 今後とも宜しくお願い申し上げます。

 We will constantly strive to improve our sincerity.

 日本達磨塾







 





プライバシーポリシー/個人情報保護方針

Copyright © 2019  *Daruma-Jyuku-Japan*  All rights reserved.